FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.11

ウ○コを乗り越えろ!

うんこを乗り越えられないカップルはゴールインできない
http://rocketnews24.com/2011/07/12/111391/

私の名前は褌シメタロウ。日夜日常の些細な出来事について、深く思いを巡らし、実働時間を無視して記事を書いているライターである。あなたはうんこを漏らしたことがあるだろうか? 胸に手を当てて考えてみて欲しい。赤ちゃんのときは別にして、人は誰しも1~2度くらいはうんこを漏らしたことがあるはずだ。

しかしながら、そのことを自らの傷として恥じるか、それとも人の痛みが分かると理解するかでは、大きな違いとなる。恋愛においても同じ痛み、同じ恥を共有し、許し合うことはきっと大切なはずだ。今日は、自称おっぱい上級者を名乗るS氏の、感動的な恋愛説教についてご紹介しよう。

S氏は、私よりも少し人生の先輩だ。結婚しているのだが、奥さんとは大恋愛の後にゴールインしたという。あまり普段、自分のプライベートを語りたがらない彼なのだが、最近、最若年のZ氏の恋愛相談を受け、結婚にまつわる経緯について語った。

Z氏は人生的にも恋愛的にも経験が浅い。とても好きな女性が現れたのだが、お付き合いをする前から結婚を夢見ているのである。私は、恋に患うZ氏のため息がうるさくて仕様がなかった。

「どうしたらいいんすかね~、俺、もう彼女しか見えないんすよ~。結婚したい、もう一生一緒に居て欲しい。彼女のためならなんでもできるのに、『結婚しよう』って言えないんですよ」

まだ付き合ってもいないのに、このようなことを言い出していると、ドン引きされて振られるに決まっている。「落ち着け」という説得を聞かずに妄想は膨らむばかりだ。

私が取り合わないものだから、妻帯者のS氏に相談の矛先を向けた。

「Sさん、どうして結婚したんですか?」

この問いかけに、S氏はゆっくりと、しかし確実に言葉を選びながら、こう問い返した。

「お前、うんこ漏らしたことあるか?」

普段は柔らかい言葉遣いを心がけている彼が「お前」と言ったのには驚いた。さらに結婚の問いかけにうんこを返すとは。さらに言葉を選んで続ける。

「あのね、結婚というのは、お互いにどこまで自分をさらけ出すかにかかってるんだなあ、うん。僕がうちの奥さんとの結婚を決意したのは、うんこがきっかけなんですよ、うんうん。元々おなかが緩い僕は、急におなかが冷えるとダメなんだね。半分同棲していたあるときに、不本意ながらうんこを漏らしちゃった。それを奥さんが、文句言わずに『そういうこともあるよね。私も子供の頃、失敗したことがある』と言って洗ってくれたんだ。それでこの人にしようと、思ったんだな、うん」

なるほど、さすがは妻帯者。お互いに痛みを分かち合ったからこそ、優しくもなれるという訳だ。この話にZ氏は、なぜか涙を流していた。「そうっすか、そうっすか。なんか分かるなあ、うんこ漏らさなきゃダメなんだなあ」と、妙に納得している様子。しかしながら、S氏の伝えたいこととは、別の部分を受け取ってしまったかも知れない。

その心配は的中。後日、Z氏はお目当ての相手に「うんこ漏らしても良いですか?」と聞いたらしいのだ。それを「うん」という人はいないだろう。Z氏はその人と断絶してしまった。

この報告を受けてS氏は、「よかったじゃない。うんこ許してもらえなかったんでしょ? そういう人は、一生一緒に居られないよ、うん」と慰めた。Z氏は少々先走ったが、独りよがりを解消できてよかったのではないだろうか。これで彼も、またひとつ大人になった。

長い人生を添い遂げるのなら、うんこ程度でつまづく訳にはいかない。うんこを踏み越えられた2人こそ、ゴールにたどり着けるのではないだろうか。

文=褌シメタロウ



え、スカトr・・・ゲフンゲフン、まさか違いますよね。






「お前、うんこ漏らしたことあるか?」

ですよねー。ははは









「あのね、結婚というのは、お互いにどこまで自分をさらけ出すかにかかってるんだなあ、うん。僕がうちの奥さんとの結婚を決意したのは、うんこがきっかけなんですよ、うんうん。元々おなかが緩い僕は、急におなかが冷えるとダメなんだね。半分同棲していたあるときに、不本意ながらうんこを漏らしちゃった。それを奥さんが、文句言わずに『そういうこともあるよね。私も子供の頃、失敗したことがある』と言って洗ってくれたんだ。それでこの人にしようと、思ったんだな、うん」

なるほど。自分の汚い部分も認めてくれる人、そういう人と結婚すれば本当に幸せになれるってことですね。

てっきりクソだけにクソみたいな話かと思いましたけど良い話ですね。感激です。号泣!











なるほど、さすがは妻帯者。お互いに痛みを分かち合ったからこそ、優しくもなれるという訳だ。

ふむふむ。勉強になります










「そうっすか、そうっすか。なんか分かるなあ、うんこ漏らさなきゃダメなんだなあ」と、妙に納得している様子。しかしながら、S氏の伝えたいこととは、別の部分を受け取ってしまったかも知れない。

ただウ○コを漏らせばいいわけではないですよ。それだとなんかのプレイになってしまいますからね。キャープレイだなんていやらしい!エッチスケッチワンタッチ!









その心配は的中。後日、Z氏はお目当ての相手に「うんこ漏らしても良いですか?」と聞いたらしいのだ。それを「うん」という人はいないだろう。Z氏はその人と断絶してしまった。

質問おかしいってば。「うんこ漏らしていいですか?」って言っていいって人はなかなかいないと思うけど。もしいいって言う人がいたらその人は変態と思っていいですね。

それにしてもうんこ漏らしていいですかって・・・これもなかなか変態ですね。ウ○コの話する人はみんな変態なのかしら









長い人生を添い遂げるのなら、うんこ程度でつまづく訳にはいかない。うんこを踏み越えられた2人こそ、ゴールにたどり着けるのではないだろうか。

ウ○コごときでうだうだ言ってたらこれ以上の困難がきたらどうするっての。ウ○コなんか弄んじゃうくらいでないとダメですよね。

あ、弄ぶって別にそういうことじゃないです。特殊なアレって意味じゃないですよ、一応言っときますけど。








まさかウ○コでいい話になるとは。驚きです。僕もウ○コを漏らしていい人を見つけたいです!ウ○コブリブリ


ってな感じでウ○コばっかの内容になりましたが今日はこの辺で

では、サイナラ












ウ○コの本みたいなのでいろいろなウ○コが紹介されてるのを思い出しました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。