--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.08

キスと健康

キスしていないと彼が病気に!? キスと健康の関係を解明
http://kirei.biglobe.ne.jp/news/detail/20110708230007_mjy20110708_12802

あなたはどのくらいの頻度でキスしていますか? この質問には「毎日してます!」と元気よく答えたいところですが、「あんまりしてないかも」と答える人の方が多いかもしれませんね。

雑誌『an・an』と『ZIMA』が行ったアンケートによると、20~40代の未婚男女の約半数が、キスの回数を「月一回以下」と答えたのだそうです。(※1)日本人のふたりにひとりが一ヶ月はキスをしていないことになります。これは由々しき事態です。「キスしなくても心が通じあっていれば……」と思う方もいるかもしれません。しかし、キスをしていないと不健康になってしまうと言われれば、どうですか?

■キスをしていると長生きする!?

歯科医で札幌ライオンズ歯科・矯正歯科の院長を務める坂本洋介さんは著書『キスの科学(キスオロジー)』でこう語ります。(※2)

キスの回数だけで愛を計ることはできませんが、ある統計によれば、妻に毎朝「行ってきますのキス」をする男性は、しない男性より平均5年は長生きをするというデータもあります。

坂本さんによると、アメリカのケース・ウェスタン・リザーヴ大学で行われた実験で、既婚男性で「奥さんに愛されているか?」という質問にイエスと答えた人は、ノーの人に比べてその後に狭心症を起こす確率がぐんと低くなるということがわかったのだそうです。

キスされることによって自分は愛されていると感じると、人は健康を保てるということですね。キスの有無が人命に関わってくるのです!


■上目遣いで男を誘え!

そうはいっても、女性の方からキスをするのはなかなか抵抗があるものです。先のアンケートでも「どちらからキスをするのが理想ですか?」という質問に約7割の女性が「男性から」と答えています。

では、恥ずかしさに耐えて強引にでもキスを求めるべきなのか? いえ、安心してください。坂本さんの本にはキスをしたくなる瞬間について、男性にアンケートで答えてもらっています。以下がその回答です。

・「周囲の環境が整った時。照明や音楽が心地よいムードになって、精神的にも肉体的にも一つになれそうな時」

・「日常生活の中で価値観や世界観が一致した! と感じた時、抱きしめてキスをしたくなる」

・「彼女が、少し上目遣いに自分を見上げている視線に気付いた時」

どうやら“落ち着いた場所”で、“お互い共感できる話題”をしたあとに、“上目遣い”で彼女に見上げられるとキスをしたくなるようです。

いかがでしたか? やはり人間は愛し愛されて生きていくのが一番のようですね。健康のために思いきりキスを楽しんじゃいましょう!

【参考】

※1.男女のキス頻度、月1以下が58.0%。若者にキス不足浸透!?(2011/07/07) | コブス横丁 | COBSキャリア

※2.坂本洋介(2000)『キスの科学(キスオロジー)』 近代文芸社





な・ん・だ・っ・て・・・




キスの回数だけで愛を計ることはできませんが、ある統計によれば、妻に毎朝「行ってきますのキス」をする男性は、しない男性より平均5年は長生きをするというデータもあります。

5年だと・・・結構、長いな。ってことは俺、ピンチ。俺も5年長く生きたいよー!!









キスされることによって自分は愛されていると感じると、人は健康を保てるということですね。キスの有無が人命に関わってくるのです!

長生きするためには愛が重要になってくると。うわぁぁぁん、なんと残酷な。ぐぅぅもう泣ける・・・










どうやら“落ち着いた場所”で、“お互い共感できる話題”をしたあとに、“上目遣い”で彼女に見上げられるとキスをしたくなるようです。

共感やらなんやらの前に相手がいないよ!!ぐはっ・・・誰かボクを助けて・・・パタリ・・・









マジかよ、キスで長生きできるのかよ。ヤバイなーヤバイなー。本気であせってきた。

これって脳内とか妄想とかではダメなんですかね?妄想とかだったらまだ大丈夫なんですけど。でも、なんだか自己嫌悪に陥りそうで嫌だな・・・

これが現実の妄想の差だとでも言うのか・・・・・クソ、俺を舐めやがって!!しゃんにゃろー!!


はぁ・・・ラブプラスでも買おうかな。それかアマガミ。傷を癒すためにね。ふふふ・・・


ってな感じで短いですけどこの辺にしときます。

では、サイナラ












今日も暑くて死にそうでした。いや、死んでました。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://urann68100.blog25.fc2.com/tb.php/272-e405ae4e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。