--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.11

インターネッツで顔出し

あなたは顔出しOK? SNSのプロフィール画像「顔出し率」は女性約36%に対し、男性は約19%
http://rocketnews24.com/2011/09/13/129851/

TwitterやFacebookなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)を利用していて、女性が自分の顔写真をプロフィール画像として使っているのは、よく見たことがあると思うが、男性がそうしているのはあまり見たことがないだろう。

それもそのはず、SNSで自分の顔写真をプロフィール画像にしている女性は35.6パーセントいるのに対し、男性は19.4パーセントと少なめで、自分の顔写真をSNSで使うことに抵抗を感じている男性が多いのだ。

これは男性スキンケアブランド「メンズビオレ」が全国の20~29歳の男女310名を調査した結果分かったことで、男性たちは「怖いから」、「個人情報だから」というプライバシー的理由、そして「恥ずかしい」、「自信がない」という精神的な理由から自分の顔写真をプロフィール画像として使うことに、ためらいを感じている。

しかしその一方で、「SNSの他人のプロフィールで必ず見てしまう、ポイントはなんですか?」という質問をしたところ、1位が「趣味」、2位が「出身地」、そして3位が「顔写真」という結果が出た。そしてさらに、31.9パーセントの人が相手の「顔写真」を見て、フォロワー・友達になるかを決めていることも判明した。

つまり、自分の顔写真をアイコンとして使うことに抵抗を感じる男性が多くいる一方で、相手の顔写真を見てフォロワー・友達になるかどうかを判断している人がかなりの数いるということなのだ。

こういった現状に対し、メンズビオレは「今よりもっといい肌だったら、きっと、もっといい顔で『顔出し』できるはず!」というコンセプトのもと、9月3日から全国7か所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)でプロフィール画像を撮影するイベントを行っている。

これはその場で提供されたメンズビオレ製品を使い、綺麗になった肌でプロカメラマンにプロフィール画像を撮影してもらおうというイベントで、その結果がメンズビオレの「アイコンいい肌化」ページで公開されているので、気になる方はチェックしてみるといいだろう。

ちなみに、プロフィール画像として使われているもので多かったのは、1位が「キャラクター」(23.2%)、2位が「景色」(18.1%)で、それらを使う理由としては「かわいいから」、「趣味が伝わるから」という意見が多かった。

プライバシーの問題や外見の自信の無さから、なかなか使われない顔写真アイコン。しかし自分の顔写真をプロフィール画像にしていると、相手に信頼されやすい、自分をより身近に感じてもらえるなどのメリットがあることもまた事実。このメリットとデメリットを考えた上で、あなたにとって最高のプロフィール画像を選んでみるといいかもしれない。



僕なんてとてもじゃないけど晒せるような顔じゃないですし。晒すなんて以ての外です。


TwitterやFacebookなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)を利用していて、女性が自分の顔写真をプロフィール画像として使っているのは、よく見たことがあると思うが、男性がそうしているのはあまり見たことがないだろう。

誰が好んで男の顔なんて見るかよ、気持悪い。まぁ、僕が男だからなのかもしれないですけど。





それもそのはず、SNSで自分の顔写真をプロフィール画像にしている女性は35.6パーセントいるのに対し、男性は19.4パーセントと少なめで、自分の顔写真をSNSで使うことに抵抗を感じている男性が多いのだ。

おぉ、女性の方が多いんだ。





これは男性スキンケアブランド「メンズビオレ」が全国の20~29歳の男女310名を調査した結果分かったことで、男性たちは「怖いから」、「個人情報だから」というプライバシー的理由、そして「恥ずかしい」、「自信がない」という精神的な理由から自分の顔写真をプロフィール画像として使うことに、ためらいを感じている。

なるほど、その気持ちよく分かります。この顔面交通事故の顔なんて晒せません・・・。

逆に言うと女性は自分に自信がある人が多いってことになりそう。ナルシストが多いんだなー。やっぱ女性の方がいろいろとちやほやされるんですかね?それが嬉しくて晒すってこと?それが体目tki・・・いや、何でもないです。



しかしその一方で、「SNSの他人のプロフィールで必ず見てしまう、ポイントはなんですか?」という質問をしたところ、1位が「趣味」、2位が「出身地」、そして3位が「顔写真」という結果が出た。そしてさらに、31.9パーセントの人が相手の「顔写真」を見て、フォロワー・友達になるかを決めていることも判明した。

顔写真で決めるとか、一体何を考えてるんだ。絶対、やましい気持ちあるっしょ?「このかわいい子ともしかしたら付き合えるかも」とか思ってるっしょ?




つまり、自分の顔写真をアイコンとして使うことに抵抗を感じる男性が多くいる一方で、相手の顔写真を見てフォロワー・友達になるかどうかを判断している人がかなりの数いるということなのだ。

なにそれ、自分は晒すの嫌だけど相手は晒せってことなのかよ。てめぇも晒せ、ハゲって話ですよね。





ちなみに、プロフィール画像として使われているもので多かったのは、1位が「キャラクター」(23.2%)、2位が「景色」(18.1%)で、それらを使う理由としては「かわいいから」、「趣味が伝わるから」という意見が多かった。

僕もキャラクターです。




プライバシーの問題や外見の自信の無さから、なかなか使われない顔写真アイコン。しかし自分の顔写真をプロフィール画像にしていると、相手に信頼されやすい、自分をより身近に感じてもらえるなどのメリットがあることもまた事実。

信頼されていると自分は思っていても相手は騙す目的で近づいてくるかも。

あーこわいこわい。




きっと顔写真に騙されて友達になったって人もいるんだろうなー。本当の顔はどこかの映画にでてきそうな怪物顔のへちゃむくれ、実際に会ってみたらまんまと騙されたーみたいな。

後は、画像を加工してかわいくしたりとか。有名なソフトでフォトショップというとっても素敵な画像編集のソフトがありましてこれを使うとあら不思議、クリーチャー顔がモデルのような美人に早変わり。まぁ、限度というものはありますけどね。

このように顔写真なんていくらでもかわいくできますからプロフィールとかの顔写真はあまり信じない方が良いと思います。まぁ、僕が勝手に考えてることですけど。


ってな感じで今日はこの辺で

では、サイナラ












グロ面の僕から言わせてもらうと自分にちょっとでも自信がないと顔なんて晒せねーよ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://urann68100.blog25.fc2.com/tb.php/341-704f484b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。