--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.01

自転車で優雅な散歩

レコードを聴きながら優雅な散歩が楽しめる、画期的な自転車!
http://rocketnews24.com/2011/11/05/148581/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed

うららかな秋の昼下がりには、レコードのアナログな音が心地いい。お家にいれば、あなたはいつだって、そんな優雅なひとときを味わえるでしょう。けれど、できるなら外で、しかも自転車に乗りながら聴けたなら…そんな願望を実現してくれる、画期的な自転車があるのです。

自転車の名は、「Feats per Minute」。自転車大国オランダに住む若きデザイナー、メレル・スル―サー、ライアット・アズレー、ピーター・フランク・デ・ジョングによって製作されました。

デザイン性と合理性を絶妙に組み合わせた遊び心たっぷりのこの自転車は、イタリアの有名自転車ブランド「Alpina」とパーツを細かく解剖したレコードプレーヤー、そしてスピーカーとアンプのため外付けされた9ボルトのバッテリーのみで成り立っています。あれこれ余計な手を加えていないのは、「デザインはなるべくローテクなままにしたい」というデザイナーたちの思いによるものです。

自転車の車輪部分に垂直に設置された、レコードプレーヤー。ペダルをこぐ速度に合わせてレコード盤が回転し、サドルの後部にあるラッパのようなスピーカーから音楽が鳴るという仕組みです。例えばバラードを聴くのなら60BPM、ディスコサウンドならば120BPM、ハウスミュージックならば170~300BPM、といったように音楽のジャンルに合わせてペダルを一定の速度でこがなければならないため、乗りこなすまでには相当練習が必要かもしれません。

音楽を成立させるためには、自分のこぐ速度が重要。ということは、体全体を音楽と融合させなければいけません。だからこそこの自転車は、交通量の多い都会のど真ん中よりも、のどかな公園や河原のほうがよく似あいます。乗るだけで豊かな気持ちになれるレコード好きにはたまらない「Feats per Minute」に、ぜひ一度乗ってみたいものです。





タイヤのところがレコードになっとるのか


うららかな秋の昼下がりには、レコードのアナログな音が心地いい。お家にいれば、あなたはいつだって、そんな優雅なひとときを味わえるでしょう。けれど、できるなら外で、しかも自転車に乗りながら聴けたなら…そんな願望を実現してくれる、画期的な自転車があるのです。

レコードが外で聞けるとか超画期的ですやん。




デザイン性と合理性を絶妙に組み合わせた遊び心たっぷりのこの自転車は、イタリアの有名自転車ブランド「Alpina」とパーツを細かく解剖したレコードプレーヤー、そしてスピーカーとアンプのため外付けされた9ボルトのバッテリーのみで成り立っています。

俺のボロボロ自転車と違って超クールだぜ。




自転車の車輪部分に垂直に設置された、レコードプレーヤー。ペダルをこぐ速度に合わせてレコード盤が回転し、サドルの後部にあるラッパのようなスピーカーから音楽が鳴るという仕組みです。

ほぉ、なるほど。




例えばバラードを聴くのなら60BPM、ディスコサウンドならば120BPM、ハウスミュージックならば170~300BPM、といったように音楽のジャンルに合わせてペダルを一定の速度でこがなければならないため、乗りこなすまでには相当練習が必要かもしれません。

そうか、自転車をその曲のテンポに合わせてこがなければいけないのか。これは大変だな。




音楽を成立させるためには、自分のこぐ速度が重要。ということは、体全体を音楽と融合させなければいけません。だからこそこの自転車は、交通量の多い都会のど真ん中よりも、のどかな公園や河原のほうがよく似あいます。乗るだけで豊かな気持ちになれるレコード好きにはたまらない「Feats per Minute」に、ぜひ一度乗ってみたいものです。

曲と体を融合させるとかなんかカッケェ。フュージョン!!



自転車っていつの間にかカゴが凹んでることってありませんか?自分の気がつかないうちに凹んでたり穴があいていたりするんですよね・・・。なんなの、カゴもろすぎだろ。
いや、単に俺が雑に扱ってるだけなのか・・・。思い当たる節は・・・なくはなくもなくはないかな。

あ、そういや前のタイヤの空気が抜けてたような。そのうち空気いれときますか。

んーなんだかそのうち~とか言ってると忘れそうだ・・・。これは結局、空気いれないというパターンか。


ってな感じで今、空気いれないと忘れてしまいなので今日はこの辺で

では、サイナラ











空気をいれた直後の自転車で走る快適さは異常。走るのが軽すぎて自然とスピードでちゃうよね
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://urann68100.blog25.fc2.com/tb.php/395-7f54c73c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。