--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.20

絵が上手くなる方法

漫画家さんが教えてくれた「絵がうまくなる9の方法」
http://rocketnews24.com/2011/12/25/166384/

絵でメシを食っている人でない限り、絵がヘタでも全く問題ないのですが、絵心ある人って羨ましい。かなり尊敬しちゃいます。なんでスラスラ描けるの? ということで、とあるプロの漫画家さんに絵を描くコツ、題して「絵がうまくなる9の方法」を教えてもらいました。
 
その1:よーく考えながら描く
何も考えずに筆を動かすのではなく、「ここに目があって、ここが腕で……」と、考えに考えながら描くのが大切だといいます。家を描く時も、「ここが屋根で、瓦があって~」と、常に考え、「あ、雨どいってこう設置されているんだ!」と発見しながら描くと楽しいそうです。楽しい=うまくなるのだとか。
 
その2:たとえヘタでも最後まで描く
描いていたら途中で飽きることってよくあります。でも、「やーめっぴ」と投げ出すのは絶対にダメ。たとえヘタでも、最後まで真剣に描ききることが最重要とのことです。真剣に考えて最後まで描いたら、その絵の記憶は残っているので、近いものなら何度も描ける。「描いたことがある」という経験につながり、自信にもつながると。
 
その3:トレースはその場しのぎだから推奨できない
描きたいものを下に敷いて、うっすら見える線をなぞれば上手く描けます。でも、それはチカラにはならないと漫画家の彼は言います。氏によると「トレースはその場しのぎ。うまくは描けるけど、覚えていない。だから2度目は描けない。時間がないからトレースするときもあるけれど、考えて見て描かないと本当の自分の力にはならない」とのこと。
 
その4:模写はどんどんやろう
トレースはダメだけど、模写は推奨らしいです。何かを見て描く。何かを参考にして、描く。トレースほど正確には描けないかもしれませんが、考えながら描いているので、彼の理論によると「模写はそのままチカラになる」とのこと。考えながら模写した絵は、やはり記憶に残っているので近いものは2度目も描ける。自然に自己流のアレンジが加わるので、そのまま自分のものになる。そういうことらしいです。
 
その5:人に見せよう。人に見せる気持ちで描こう
文章でもそうですが、執筆している本人には気づかないところが山ほどあります。なので、どんどん人に見せるべき。そして反応や感想に注目すべき。自分に足りないところや、自分のよいところがわかってくるといいます。

漫画家の彼によれば「私はよく雑誌に投稿していました。掲載されれば、イケてたってことになる。それで判断していました。今はネットがあるから、ものすごい数の人たちに、簡単に見せることができる。活用すべきです」とのこと。また、褒めてくれる人がまわりにいると、上達スピードも急上昇すると彼は述べています。
 
その6:ヘタでも堂々と描け
デッサンの狂い、陰影の違和感、そもそも物理的におかしい絵……になってしまっても、「気にすんな」とのことです。堂々と描くことが重要だといいます。むしろ、ヘタだからこそ堂々とイケとのことです。ヘタな絵でも、自信満々で堂々と描き、最後まで気を抜かずに、きちんと仕上げる。自分の今できる精一杯のパワーを絵にこめる。一筆入魂、フルパワー。弱気になるな、あたってくだけろ。そんな闘魂が重要だといいます。
 
その7:絵に感情を移入しろ
笑っている絵を描く時は、描いている本人も笑うと「いい笑顔の絵」が描けるといいます。怒っている顔を描く時は、絵描きさんの顔も怒っているといいます。つまり、絵とシンクロすることも大事なのだそうです。彼によると「女の子を描く時は、その女の子のことを好きになっちゃうくらいの気持ちで描きます。つまり、絵に恋しながら描くのです。すると出来上がった絵も、自分の中では愛おしい。それが人に伝わったら大成功です」とのこと。
 
その8:楽しみながら描こう
鬱々とした気持ちで描く絵は、やはり鬱々とした絵になります。いやだなぁ、と思いながら描いた絵は、その気持ちが入り込みます。好きな音楽でもガンガンに聞きながら、リズムに乗って机ユサユサしちゃうくらいの、ノリノリな楽しい気持ちで描くと「いい絵」や「いい漫画」が描けるそうです。ノリにノってくると、ペンを持った腕が燃えているような気持ちになるそうです。さらに気持ちが高ぶると、「手塚先生がおりてきた……」という悟りの境地になるそうです。
 
その9:とにかく描こう
普通の人より絵が上手い人は、まちがいなく普通の人より絵を描いています。つまり、絵の経験値が高いのです。美大を目指す高校生が、一夏のデッサン特訓で劇的に絵がうまくなることがあります。それは、「特訓していない人よりも枚数をこなしたから」という理由もあると思います。絵は経験値。楽しみながらどんどん描くと、必ず上達するとのことです。
 
――いかがでしたか? 絵が上手い人にとっては、至極当然すぎることばかりだとは思いますが、漫画家さんは上記のようなことを言っていました。最後に彼は、「とにかく楽しむこと。それが一番大事」と教えてくれました。是非、楽しみながら絵を描いてみてください。



絵が上手くなりたい人集まれ~


その1:よーく考えながら描く
何も考えずに筆を動かすのではなく、「ここに目があって、ここが腕で……」と、考えに考えながら描くのが大切だといいます。家を描く時も、「ここが屋根で、瓦があって~」と、常に考え、「あ、雨どいってこう設置されているんだ!」と発見しながら描くと楽しいそうです。楽しい=うまくなるのだとか。


絵も頭を使うんだなー




その4:模写はどんどんやろう
トレースはダメだけど、模写は推奨らしいです。何かを見て描く。何かを参考にして、描く。トレースほど正確には描けないかもしれませんが、考えながら描いているので、彼の理論によると「模写はそのままチカラになる」とのこと。考えながら模写した絵は、やはり記憶に残っているので近いものは2度目も描ける。自然に自己流のアレンジが加わるので、そのまま自分のものになる。そういうことらしいです。


模写は推奨なのか。やはり考えながら描くことは大事みたいだ




その6:ヘタでも堂々と描け
デッサンの狂い、陰影の違和感、そもそも物理的におかしい絵……になってしまっても、「気にすんな」とのことです。堂々と描くことが重要だといいます。むしろ、ヘタだからこそ堂々とイケとのことです。ヘタな絵でも、自信満々で堂々と描き、最後まで気を抜かずに、きちんと仕上げる。自分の今できる精一杯のパワーを絵にこめる。一筆入魂、フルパワー。弱気になるな、あたってくだけろ。そんな闘魂が重要だといいます。


たとえ下手でも間違ってても堂々としてれば上手く見えてきたり正しく見えたりする・・・ってうちのばっちゃが言ってた。
絵だけでなく歌とかも声だしときゃ上手く聞こえるよね。





その9:とにかく描こう
普通の人より絵が上手い人は、まちがいなく普通の人より絵を描いています。つまり、絵の経験値が高いのです。美大を目指す高校生が、一夏のデッサン特訓で劇的に絵がうまくなることがあります。それは、「特訓していない人よりも枚数をこなしたから」という理由もあると思います。絵は経験値。楽しみながらどんどん描くと、必ず上達するとのことです。


とにかく描け、描いて描いて描きまくれ。




上の9つのことを踏まえて僕も絵を描いてみました。





ズプー

しょうこお姉さんが描いたスプー
http://dic.nicovideo.jp/a/スプー

なかなか上手く描けたと思います。


ってな感じで今日はこのへんで

では、サイナラ










これで僕も漫画家デビューだ><
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://urann68100.blog25.fc2.com/tb.php/444-2e4a0fe7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。